ホーム  >  教育について・ 非公開: 三つの芸術をリンクした学び・ ビューティー オブ ミホミュージアム

ビューティー オブ ミホミュージアム
MIHO MUSEUM 創立者 小山美秀子師の美の感性を学ぶ

「ビューティー オブ ミホミュージアム」とは、小山美秀子師が収集したMIHO MUSEUM所蔵の美術品を通して、 師の美意識を学び、生活の中で活かすことによって、美の感性を磨いていくことです。 本校では、小山美秀子師の美の感性を学ぶため、MIHO MUSEUMの協力により、師のコレクションの一端を学芸員より学ぶなど、さまざまなプログラムにより、美の感性を身に付けていきます。


“いいものは沢山みないとだめよ
二流、三流はだめ
一流品を沢山見なさい
そしたらだんだん眼がわかってくるから”

e01-1e02-1e03-1e04-1

 

MIHO MUSEUMでは、いつもはできない貴重な大切な体験ができたり、貴重なお話を聞かせて頂いて、いろんなことが学ぶことができました。それは、いつもはじっくり見ないところが見ることができて、注意深く何事でも見るという力が身に付きました。

2年生 M.Y

“わぁーっ”とおもわず声に出してしまうほど、わたしたちは顔にあたってしまうのではないかというぐらいに、目の前で美しい美術品を見させて頂いています。美術品を見させて頂いてから、だんだん良いものと悪いものの判断ができるようになってきました。

3年生 M.T

“”は小山美秀子師の絵言葉集「Feel the beauty 美しいものを見なさい」より抜粋