ホーム  >  教育について・ MIHO美学院の教育・ 本校の教育目標について

本校の教育目標について

本校では、「美を求める心」という教育目標の実現に向けて、「生活即教育」と「独立と協調」の精神を寮生活や食事作りをはじめとした六年間の学校生活の中で育んでいます。

この「美を求める心」とは、生活の中にある美しいものに触れ、感じ、求めていこうとする心で、自分自身を人間的に高めていこうとする心です。

「美」には、「心の美」と「行動の美」があり、それらを本校で学ぶ一人一人が身に付けることにより、周囲への思いやりの心を育み、物事の判断力を養い、自主自立の精神が具わり、世のため、人のために率先して社会に貢献し、世界平和を志す素晴らしい人格を形成します。

本校では、「三つの芸術」と呼ぶ

①スピリチュアリティ―・・・

  敬虔な祈りと師の教えを学ぶ【生命の芸術】

②ナチュラルアグリカルチャー&ガーデニング・・・

  自然順応、自然尊重を学ぶ【農業の芸術】

③ビューティーオブミホミュージアム・・・

  MIHO MUSEUMの創立者 小山美秀子師の美の感性を学ぶ【美の芸術】

について深く学び、それぞれの専門性を向上させながら個々の人格形成を充実させるというスケールの大きな教育を展開しています。

また、平素の学習においても、単なる基礎学力の定着にとどまらず、将来、世界に羽ばたく個々の可能性を引き出すために「世界人たれ」という校訓を掲げています。日々の学習の中で、国際的視野を広げ、「世界人」としての資質を養うために、英語の授業はもちろん、英語検定試験への前向きな取り組みで英語力の充実を図っています。

更に、海外への研修旅行においては、観光だけではなく、ホームステイや現地の人々との交流をプログラムとして積極的に取り入れ、グローバルな視点を磨く機会を用意しています。

このような教育を展開しているMIHO美学院中等教育学校でしっかりと学び、理想的な社会づくりに邁進してくれる人材が育つことを強く願っています。