ホーム  >  施設のご案内・建築家I.M.ペイ氏について

I.M.ペイ氏について




    • 略歴
    • 1917  中国・広東で生まれる
    • 1940  マサチューセッツ工科大学卒業
    • 1946  ハーバード大学デザイン学部大学院修了
    • 1948-55  Webb&Knappのディレクターを勤める
    • 1955  Pei Cobb Freed&Partners(旧I.M.Pei&Partners)設立
    • 2019  逝去(享年102歳)

 

    • 主な作品
    • 1967  国立大気研究センター(コロラド州 ボルダー)
    • 1968  エバーソン美術館(ニューヨーク州 シラキュース)
    • 1973  コーネル大学ハーバート・F・ジョンソン美術館(ニューヨーク州 イサカ)
    • 1976  マサチューセッツ工科大学ラルフランドー化学工学ビルディング(マサチューセッツ州 ケンブリッジ)
    • 1977  ダラス市庁舎(テキサス州 ダラス)
    • 1978  ナショナル・ギャラリー東館(ワシントン)
    • 1979  ジョン・F・ケネディ図書館(マサチューセッツ州 ボストン)
    • 1981  ボストン美術館西館(マサチューセッツ州 ボストン)
    • 1989  中国銀行(香港)
    • 1989  モートン・H・メイヤーソン・シンフォニーセンター(テキサス州 ダラス)
    • 1990  神慈秀明会ベルタワー「ジョイ・オブ・エンジェルス」(滋賀 信楽)
    • 1993  フォー・シーズンズ・ホテル(ニューヨーク)
    • 1993  ルーブル美術館ピラミッド(パリ)
    • 1995  ロックン・ロール・ホール・オブ・フェーム・アンド・ミュージアム(オハイオ州 クリーブランド)
    • 1997  MIHO MUSEUM(滋賀 信楽)
    • 2001  中国銀行本店(北京)
    • 2003  ドイツ歴史博物館(ベルリン)
    • 2006  グラン・ドュック・ジャン近代美術館(ルクセンブルグ キルヒベルグ)
    • 2006  蘇州博物館(中国 蘇州)
    • 2008  イスラム美術博物館(カタール ドーハ)
    • 2012  MIHO美学院中等教育学校 チャペル(滋賀 信楽)

 

    • 主な受賞
    • 1976  トーマス・ジェファーソン記念 建築部門賞
    • 1979  アメリカ建築家協会(AIA) ゴールドメダル
    • 1983  ブリツカー賞
    • 1989  高松宮殿下記念世界文化賞
    • 2003  スミソニアン協会 ナショナルデザイン賞
    • 2006  アーウィン・ウィッカート財団 東洋西洋文化賞

 


小山美秀子師との出会い

小山美秀子師とI.M.ペイ氏との出会いのきっかけとなったのは、神慈秀明会本部・滋賀の神苑へカリヨン(洋鐘)建設の計画がなされたことからでした。小山美秀子師と小山弘子理事長は、知人の紹介を受け、昭和62(1987)年9月21日にニューヨークにあるペイ氏の事務所を訪れました。この時には、具体的に話は進展しませんでしたが、同年11月9日にペイ氏が滋賀の神苑へ来苑され、そこで、多くのものに深く感銘を受け、設計への意欲を示され、話が具体化されていきました。
小山美秀子師は、ペイ氏をお迎えするにあたって、随所に美術品を飾られましたが、その中の一つに、MIHO美学院の校章のもとになった、「飛天像」がありました。